GMOとくとくBB WiMAXの評判・料金 デメリットも含めて解説

GMO WiMAXのデメリットをまとめました

powered by オトクだなWiFi

※こちらでは、「GMOとくとくBB WiMAX」のおすすめポイントと、デメリット・契約の際の注意点について記しています。

プラン内容をまとめると

  • 月間のデータ通信量が無制限
  • LTE機能も月間7GBまで使える
  • モバイルWiFi最速下り1.2GbpsのW06を契約できる
  • 月額料金は、2か月目まで3,969円、3か月目以降4,688円
  • 即日発送対応!なんと土日祝も即日発送
  • 申込から20日間までならキャンセル可能
※料金・機能は、ギガ放題プランの場合

となっています。

人気のWiMAXですが、多少のデメリットと申し込みの注意点があることも否定できません。

こちらでは、GMOとくとくBBのおすすめポイントと、デメリット・注意点について解説します。

GMOとくとくBB WiMAX2+のメリット

こちらでは、WiMAXをGMOとくとくBBで契約する際のメリットについて解説しています。

メリット1. 即日発送対応だから早く届く

GMO WiMAXは即日発送に対応なので、最短翌日から使用開始することが可能です。

しかも、平日なら15:30、土日祝でも14:30までに注文すれば、即日発送してくれます。

土日祝まで即日発送してくれるのは嬉しいな。すぐに使いたい人に向いてるかも。

編集見習いエリ

メリット2. 申込から20日以内ならキャンセル可能だから安心

GMO WiMAXなら、申込から20日以内ならキャンセルすることが可能です。

思ったようなスピードが出なかった、思ったようなサービスではなかったという場合にはキャンセル可能。

ただし、お住まいの住所が「ピンポイント判定が〇」の場合に限るので、そもそも電波が届かない×判定のエリアで申し込んでしまった場合は、キャンセルが出来ません。

ピンポイント判定が公式サイトで出来るんだ。申し込みの際には、必ずチェックしておいた方がよさそう。

編集見習いエリ

メリット3. 電話サポートがしっかりしている

GMOとくとくBBは、サポートがしっかりしていて、電話もすぐにつながります。

筆者の知り合いもGMO WiMAXを使っていますが、乗り換えのために以前の端末を解約する時は、電話一本だったと言っていました。

(SIMカードだけ郵送で返却する必要はあるらしいです)

IDなどが書かれた登録証を紛失していましたが、全然大丈夫だったとのこと。

GMOは解約しにくいという口コミがあるようですが、全然そんなことないです。

サポート、たまに使うんだよな。その時の対応が悪かったら、すごい残念な気持ちになる。

編集見習いエリ

メリット4. GMOポイントがたまる

GMOとくとくBBのWiMAXを利用していると、毎月GMOポイントが貯まります。

GMOポイントのキャプチャ

1か月10ポイント(10円相当)たまっていき、ポイントはGMOポイント内でのショッピングやポイント支払いに使えます。

一か月10ポイントなので、たまっても気持ち程度の額ではありますが、お名前ドットコムのドメイン代に充当できたり、GMOあおぞらネット銀行なら現金に交換出来たりします。

なんかお得そう。GMOポイント、あとで見ておこう。

編集見習いエリ

GMOとくとくBB WiMAX2+のデメリット

デメリット1. 実はプランが3つあるから、あれ?ってなる

GMO WiMAXは、実は3つのプランがあります。

  • キャッシュバック型
  • 月額割引型
  • 得の極みキャンペーン

なので、あれ?以前に見たのと違う?

ということが発生する可能性があります。

また、選択肢があるということはメリットとも受け取れますが、どれが一番安いかは決まっているので、実は高いプランを申し込んでいた、ということが発生する可能性があります。

また、当サイトは「キャッシュバック型契約のWiFi」は、受取失敗のリスクがあるため、絶対におすすめしません。

デメリット2. ソネットやニフティほどプロバイダー歴が長くない

GMOとくとくBBは、ソネットやニフティ、ビッグローブ、DTIといった会社よりもプロバイダー歴は長くありません。

なので、プロバイダーとしての信用度は、上記4つには劣るかもしれません。

ただし、GMOとくとくBBは、IT業界のトップを走るGMOインターネットの関連会社。

プロバイダー歴が浅いから、サポートが優れていないということはありません。