【決定版】安いWiMAXの選び方を詳しく解説!月平均3,300円台で激安に使うには?

一番安いWiMAXなら月平均3300円台のこのWiMAXがおすすめ

こんにちは。ドケチ女子のサヤ(@saya_20yearsold)です。

こちらのページをご訪問の方は、できるだけ安い料金で利用できるモバイルwifi(ポケットwifi・持ち運びwifi)をお探しで、その中でもWiMAXを契約したいと情報をお探しではないでしょうか。

WiMAXの料金は年々高騰しており、通信費を安く抑えるためにも、安い料金でお得にWiMAXを契約したいとお考えの方は多いと思います。

また、公式のUQ WiMAXや家電量販店、auショップでWiMAXを契約するよりは、インターネット経由で契約した方が安いのは周知の事実です。

以前、高いWiMAXを契約して後悔した方も少なくないでしょう。

そんな「安いWiMAX」をお探しの方のために、こちらでは、すべてのWiMAXプロバイダーの現在のキャンペーンを更新して、1円単位で計算した今月一番安いWiMAXを、ランキング形式でご紹介します。

安いWiMAX選びで失敗しない6つのポイント

ポイント1. それぞれのプロバイダーの月額料金を調べる

できるだけ安いお得なWiMAXを契約したいとお考えの場合は、まずは各プロバイダーの月額料金を調べましょう。

WiMAXの月額料金例

月額料金は、このように各HPに掲載されています。

各社、最初の数か月割引、そのあと標準価格といったパターンが多いです。

そして、公式サイトのトップに掲載されている料金は、最初数か月の割引料金であることがほとんどですので、よく確認することが大切です。

〇〇円~の「~」がミソ!こっちが標準の月額料金!

ポイント2. それぞれのトータルコストを計算する

一番安いWiMAXを探すには、トータルコストに注目するのがコツです

WiMAXの料金構成

WiMAXの料金は、初回に支払う事務手数料と月額料金で構成されています。

その他、端末の代金が発生するプロバイダーもありますが、今はほとんどが0円です。

また、ユニバーサル手数料という料金が発生するプロバイダーもありますが、こちらも月2~3円程度なので、気にしなくていいレベルです。

そして事務手数料は、どのプロバイダーも一律3,000円で変わりなし。

なので、一番注目すべきなのは月額料金で、36か月総額でいくらかかるのか計算して、トータルコストを算出することで、一番安いWiMAXはどれなのか判断することが出来ます。

WiMAXのトータルコストの計算方法の図解

ポイント3. ギガ放題プランを選択する

WiMAXには現在、ギガ放題プランとFlatツープラスの2種類があります。

WiMAXの2つのプランキャプチャ

「安い」という観点で言えば、Flatツープラスの方が安いです。

しかし、Flatツープラスは、容量制限が月7GBというWiMAXプランであり、月間通信量が7GBに到達すると、月末まで超低速に速度制限されます。

WiMAXの長所は、月間通信量の制限が無制限である点。

安いのはFlatツープラスですが、ギガ放題プランを選ばないと後悔することになります。

ポイント4. 3年契約を選ぶ

これは若干微妙な点ですが、一番安いWiMAXを契約するためには3年契約を選んだ方がいいです。

今はほとんどのプロバイダーが3年契約WiMAXのみ販売

2019年に入ってから、2年契約のWiMAXはほぼ消滅し、現在はDTI WiMAX、BIGLOBE WiMAX、家電量販店のWiMAXぐらいしか販売していません。

おそらくですが、大元のUQ WiMAXが、各プロバイダーに3年契約で売るよう、変更になってきているものと考えられます。

2年契約の上記プロバイダーでは、端末はかなり古い端末、しかも料金は月平均4500円程度と、非常に割高なWiMAXしか残っていません。

反対に3年契約のWiMAXは、2019年に入って料金がぐっと下がってきました。

3年契約は長いと感じる方も多いと思いますし、出来れば2年契約でとお考えの方も多いと思いますが、安いWiMAXを契約するためには、3年契約の方が月額が1,000円近く安くなります。

ポイント5. キャッシュバック型ではなく月額割引型のWiMAXを選択する

WiMAXにはキャッシュバック型と月額割引型の契約プランがあり、キャッシュバック型はバックの額が高額であることが多く、非常にお得な感じがしますが、WiMAXを安く契約するためには、選択しないことが賢明です。

WiMAXキャッシュバック例

確かに、キャッシュバックを加味したトータルコストを計算すると、若干安くなることが多いのですが、キャッシュバックの受け取りは難易度が高くなっており、キャッシュバック受け取りに失敗した方によるネットの炎上も多いです。

そういった経緯もあって、キャッシュバック受け取り方法をわかりやすくしてきているプロバイダーも出てきましたが、それでも失敗のリスクがあることを考えると、安いWiMAXをお求めの方にはおすすめできないプランになります。

ポイント6. 余計なオプションに加入しない

WiMAXを安く契約するためには、余計なオプションに入会しないことです。

WiMAXオプション

各プロバイダーは、オプションに入会させて、儲けたいと思っているもの。

契約時に、オプション選択の画面がどのプロバイダーも出てきます。

確かに、落とした時の安全保証など、有益なオプションもありますが、安いWiMAXを契約するという観点では必要ないと思います。

また、契約時に最近よく出てくるようになった「チャットコーナー」も注意が必要です。

WiMAX申込画面の質問チャット

聞きたいことがある場合もあるとは思いますが、チャットでやりとりをするとオプション入会に誘導されることが多いです。

また、GMOとくとくBBやBroad WiMAXなど、料金が安いけど、オプション入会がデフォルトになっているプロバイダーもあります。

その場合は、入会後にすぐにオプション解約することで、料金の発生を防げます。