Yahoo!モバイル公式でのWiFi契約は損!デメリットとおすすめしない理由を全力解説

Yahoo!モバイルのWiFiをおすすめしない理由をまとめました

出典:https://ymobile-store.yahoo.co.jp/

編集員サヤ

ご訪問ありがとうございます。「オトクだなWiFi」編集員のドケチ女子サヤ(@saya_20yearsold)です。
こちらでは、Yahoo!モバイル(旧Yahoo!WiFi)から発売されているWiFiとの契約を、おすすめしない理由について解説します♪

Yahoo!モバイル公式でのWiFi契約をお考えで、情報をお探しではないですか?

Yahoo!モバイル公式で販売されているポケットwifiは、2019年2月まで「Yahoo!WiFi」として販売されており、料金の安さとエリアの広さから、4・5年前は非常に人気のあるモバイルwifiルーターでした。

編集員サヤも昔Yahoo!WiFiを使っていました

しかし、現在は料金が値上がりしたにも関わらず、月間データ通信量の上限(容量制限)がかなり減ったため、コストパフォーマンスが悪くなっています。

現在のプラン内容を見てみると

  • 月額料金1,980円プラン(データプランS)→月間データ通信量1GB
  • 月額料金2,480円プラン(プラン2 ライト)→月間データ通信量5GB
  • 月額料金3,696円プラン(データプランL)→月間データ通信量7GB

となっており、超コスパ悪いです!

当然、当サイト編集部の見解としては

Yahoo!モバイル公式のWiFi契約は、今月は損!
他にもっとコスパが良いWiFiがある!

となります。

こちらでは、ブロードバンド販売や家電量販店でのインターネット販売を経験した当サイト編集員が、Yahoo!モバイルのポケットwifiとの契約をおすすめしない理由について、デメリットを明確にしながら全力解説します!

こちらのページを全て読めば、もっとコスパが良いWiFi契約にたどり着くことが出来ますよ♪

もっとコスパの良いWiFiを今すぐ見る

Yahoo!モバイル公式ポケットwifiのメリット

まずは、Yahoo!モバイル公式ポケットwifiのメリットについて解説いたします。

以下にまとめました。

メリット1. 知名度があって安心

Yahoo!という名前は、知らない人はいないんじゃないかというぐらい知名度がありますよね。

そのため、「Yahoo!のポケットwifi」と聞くと、安心感があります。

また、Yahoo!はこれまでADSLにしてもヤフーWiFiにしても、激安キャンペーンを行ってきた歴史がありますから、「Yahoo!モバイルは安い」そういうイメージにもつながっています。

メリット2. LTE機能が標準でエリアが広い

LTE機能というのは4Gとも言われ、携帯電話の電波も一部利用して通信できる機能の事。

携帯電話は、原則的には地下でも電車の中でもつながりまし、人口カバー率も100%に限りなく近い状態に保たれています。

そのため、LTEを使った通信は原則的にどこででも利用できるというメリットがあり、Yahoo!モバイルの通信は、全てLTE通信になるため、エリアが広いのがポケットwifiの特徴です。

メリット3. 料金が安い

Yahoo!モバイル公式のポケットwifiは、料金が安いです。

データSプランなら、なんと月額1,980円で利用できます。

プラン2 ライトは2,480円。

月額が2,500円を切る料金のモバイルWiFiは、Yahooだけです。

月額料金だけ見ると、非常に魅力的なモバイルWiFiになっています。

メリット4. 違約金が安い

Yahoo!モバイルは、解約金が安いです。

とはいえ無料解約月以外の解約なら9,900円の違約金が発生するので、まずまずの料金ですが、WiMAXは契約後12か月目までの違約金は19,000円、13か月目以降も14,000円であることを考えると、Yahoo!モバイルの解約金は安く、WiMAXよりも導入しやすいwifiであると言えます。

編集員サヤ

ここまで見ると、Yahoo!モバイルポケットWiFiは、そんなに悪くないんじゃないかと感じますよね。でも、おすすめできない理由としては、やはりデータ通信量の上限(容量制限)が大きな要因になっています。

Yahoo!モバイルポケットWiFiを他WiFiと容量制限で比較

こちらでは、Yahoo!モバイルのポケットWiFiを、他のWiFiと主に容量制限の面で比較しています。

Yahoo!モバイルポケットWiFiをネクストモバイルと容量制限で比較

こちらでは、Yahoo!モバイルのポケットWiFiを当サイト編集部がおすすめしているネクストモバイルと容量制限で比較してみました。

容量制限 月額料金
Yahoo!モバイル 5GB 2,480円
ネクストモバイル 20GB 2,760円

こちらでは、Yahoo!モバイルのプラン2ライトとネクストモバイルを比較してみました。

この2つは、非常によく似たタイプのモバイルWiFiであり、両方ともライトユーザー向けのモバイルWiFiかと思います。

また、両方ともLTE通信が標準で、両方ともソフトバンク回線です。

その中で、ネクストモバイルは月額280円プラスするだけで、Yahoo!モバイルが5GBだった容量制限が20GBまでアップします。

5GBだと全然足りないけど、20GBだったら足りるかな?

とお感じになる方は、多くいらっしゃると思います。

また、Yahoo!モバイルは3年契約なのに対し、ネクストモバイルは2年契約であるという違いもあります。

Yahoo!モバイルポケットWiFiをどんなときもWiFiと容量制限で比較

こちらでは、Yahoo!モバイルのポケットWiFiを、当サイト編集部がおすすめしているどんなときもWiFiと容量制限で比較してみます。

容量制限 月額料金
Yahoo!モバイル 5GB 2,480円
どんなときもWiFi 無制限 3,480円

どんなときもWiFiは史上初、docomo、au、ソフトバンクのトリプルキャリアで、利用場所によって最良の電波をキャッチすることで、エリアが広いのが特徴です。

また、、どんなときもWiFiは完全無制限で利用できます。WiMAXのような3日10GB制限もありません。

確かに月額は1,000円高いですが、

5GBは少なすぎる。やっぱり無制限の方が安心

とお感じになる方は多くいらっしゃるのことでしょう。

Yahoo!モバイル公式のポケットwifiのデメリット

こちらでは、Yahoo!モバイル公式のポケットwifiのデメリットについて記しています。

デメリット1. 容量制限が厳しい

Yahoo!モバイル公式は上述の通り、データ通信量の上限が非常に厳しいと思います。

データSプランは月間データ上限が1GB、プラン2ライトでも5GBとなっており、パソコンで通信する方にとってはすぐに到達してしまう通信量です。

今や動画コンテンツが主流となっていて、これからさらに隆盛すると言われている昨今で、容量制限では利用状況に合わないユーザーが非常に多いものと思われます。

デメリット2. 速度制限が厳しい

Yahoo!モバイルにかかわらず、ポケットwifiは速度制限が非常に厳しいです。

月間データ通信量がきっちり管理されており、少しでも上限を超えると、月末まで速度制限がかかってしまいます。

WiMAXにも3日10GBという制限がありますが、かなりアバウトで制限がかからない時もありますし、そう考えるとポケットwifiは速度制限が厳しいモバイルwifiだと言えます。

デメリット3. 3年契約である

最近のモバイルwifiは3年契約が標準となってきましたので、普通かなという印象もあります。

ですが、wifi業界は2020年に5Gという規格が始まることが決まっており、5Gがスタートすることで、動画コンテンツがどんどん主流になっていくことが予想されるため、3年契約は長すぎます。

もう少し言えば、5Gが始まるまでに顧客を抱え込もうという意図が透けてみえます。

できれば2年契約か、理想はいつでも解約できるwifiというのが望ましいのは言うまでもありません。

デメリット4. プラン名のネーミングが覚えにくい

編集員が今書いていても訳が分からなくなるようなネーミングで覚えにくいです。

「データSプラン」「プラン2ライト」「プラン2」

となっていますが、統一性とか、プラン1はないの?とか、もう少しわかりやすい名前の方が馴染みやすいというのはあるでしょう。

まとめ

まとめます。

Yahoo!モバイル公式のポケットwifiは

  • 知名度がある
  • すべてLTE通信なのでエリアが広い
  • 料金が激安い
  • 解約金が安い

というメリットがある一方で

  • 容量制限が異常に厳しい
  • 速度制限の条件が厳しい
  • 3年契約と契約期間が長い
  • プラン名のネーミングが覚えにくい

といったデメリットがありました。

しかし、料金が安くてエリアが広いというのは、Yahoo!モバイルの特徴ではありますので、そのメリットを契約する場合は、Yahoo!モバイル公式のホームページをよく見て、契約されてはと思います。

ただし、当サイト編集部としては、Yahoo!モバイルポケットWiFiを契約するのであれば、ネクストモバイルどんなときもWiFiの方がおすすめです。

確かに料金はYahoo!モバイルポケットWiFiの方が安いですが、利便性の面から上記2つのWiFiの方が良く、コスパが優れています。